FC2ブログ

せりと豚肉の炒め物

せりも春の食材の代表ですね。
せりは血管を丈夫にして血行をよくします。
気力を増す作用もあります。
胃を丈夫にする働きもあります。
せりは根っこも良く洗って食べましょう。根っこはお味噌汁に
本体は豚肉と一緒に炒めものにしました。
CIMG4900_convert_20190419151806.jpg

ふきの葉みそ

ふきの香りと苦みは春の味です。
ふきのとうで作るふき味噌もおいしいですが今年は葉で作ってみました。
香りが強くておいしいお味噌になりました。
ふきは体を温める作用があり冬の間にたまった老廃物を
取り除き解毒する作用もあります。
アレルギー症状を緩和する働きもあると言われています。

ふき味噌と言えばご飯のお供ですよね!
CIMG4905_convert_20190419151602.jpg

うど

うどは「苦・温」で春先におすすめの食材です。
「風・湿・寒」の3つの邪気を取り除くと言われ薬効の高い食材です。
うどの豚肉巻きはしゃぶしゃぶ用のお肉でうどの中身をまいて
酒、しょうゆ、黒砂糖、みりん、黒酢で味付けして最後に山椒を振ります。
CIMG4898_convert_20190410143249.jpg
うどの皮とにんじんの塩炒めはあっさりして食べやすいです。
CIMG4899_convert_20190410143227.jpg
うどの皮と舞茸のにんにく炒めは味付けはしょうゆだけ。ご飯に合います。
CIMG4896_convert_20190410143341.jpg

さつまいも

さつまいものおいしい季節になりました。
さつまいもは五臓を養生し疲労回復、整腸作用のある優秀な
食材です。
うちではジョジョがお腹をこわした時によく蒸して食べさせます。
今日は秋のテーマの「辛」のニラを使った簡単なひと品を紹介します。
蒸したさつまいもにニラソースをかけるだけなんですが
このソースは作り置きしておくと便利で何にでも合います。
ニラに熱々の白ゴマ油をかけてしばらく置いてから
自家製の醤油麹を混ぜるだけです。
醤油麹は麹としょう油だけで出来ますのでこれまた簡単。
今の時期なら10日くらいで出来ると思います。
麹のうまみが加わって本当においしいソースになります。


秋のスープ

秋は五行説では「白」「辛」がテーマです。
最近の朝ごはんはこれです。
手羽元か手羽先に長ネギ、にんにく、しょうが、発芽玄米、はとむぎ、なつめ、松の実を
一時間くらい煮たもので好みで塩、胡椒で味を足していただきます。
発芽玄米やはとむぎはお粥のようになります。
「辛」は葱、玉ねぎ、大根などでももちろんOKですが、薬味類だとなおいいです。
肺と大腸に薬味類がとてもいいのでにんにくやショウガは特におすすめです。
鶏の手羽先はコラーゲンがたっぷりなので空気が乾燥する秋は良く食べます。
朝晩冷える気候になったので熱々のスープを朝食べると体温が上がって
活動しやすくなりますね。

プロフィール

Hiromi Cooking Salon 代表

Author:Hiromi Cooking Salon 代表
千葉県在住
教室で焼くパンや薬膳などを紹介していきます
中心薬膳料理とパン教室のホームページはこちらです
http://www.hiromi-cooking-salon.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク